▼ MENU

ネイルサロン開業の5つの手順!失敗するリスクを抑える方法と準備資金

投稿日: 2020年3月24日 

もしあなたが、、、


・開業する時どのくらいの準備資金がいるんだろう…


失敗することなく独立開業するにはどう進めればいいんだろう…


・自宅サロンでも開業できる具体的な手順が知りたい…


と思っているなら、このページはあなたのためのものです。


今回は、自宅サロンでも、テナントを借りる場合でも、失敗することなく開業できる5つの手順についてお話をしていきます。


でもその前に、どんな人が開業で失敗するのか?

について知らなければなりません。


なぜなら、厚生労働省の調査では「5年以内に9割の人が廃業する」というデータが出ていて、さらに、転職情報サイト『NAILIST JOB』によれば、次のように言っているからです。


“約8割ものネイルサロンがオープンから3年以内に廃業に追い込まれてしまっている”


つまり、今日、100店舗が開業したとして、3年後には20店舗しか生き残れない、ということです。


にも関わらず、根性と気合いだけで「えい!」と開業しても大丈夫なのでしょうか?


開業で失敗するネイリストの3つの共通点


ネイルサロン開業の5つの手順!失敗するリスクを抑える方法と準備資金


では、どんな人が開業後に経営困難に陥り、廃業に追い込まれるのでしょうか?失敗する人の共通点とは?


その原因は、全部で3つあります。


まず、一つ目の原因は「新規集客」です。


ほとんどの人が集客できるかわからない状態で開業し、失敗します。


そこで初めて分かるのが、「資格があれば自然と人が集まると思ってた…」「店舗さえ構えれば、勝手にお客様が来て繁盛すると思っていた…」という思い込みです。


現実は違います。


ネイルサロン開業の5つの手順!失敗するリスクを抑える方法と準備資金


勝手に人が集まる。なんてことは起こりません。


では、どうすればいいのでしょうか?


大事なのは「認知活動」です。


どんなに素晴らしい技術を持っていても、興味のあるお客様に見つけてもらえなければ誰もサロンには来ませんよね。


では、二つ目の原因は何か?


それが「既存客」です。


既存客がゼロの状態で開業すると、ほとんどの人が新規集客の壁にぶつかるので、最初の3ヶ月〜6ヶ月はお客様がいない状態が続きます。


つまり収入がない状態です。


開業の準備資金は減っていくばかりです。


つまり、よく聞かれる「準備資金はどのくらい用意すればいいですか?」に関する答えは、6ヶ月間〜1年間集客ができなくても耐えられるお金を用意しておく。というのが答えです。


なぜなら、多くの人が集客ができる前提で開業して失敗するからです。


本来、開業資金というのは、質の良いネイル用品やネイルデスク、パソコンを揃えるために使うのではありません。


新規獲得に使うのが最も重要な投資になります。


理由は簡単で、集客ができなければ揃えた道具は使われずに終わるからです。

つまり、三つ目の原因は「開業資金の使い場所」です。


賢いネイリストは、開業資金を良い材料を揃えることに使うのではなく、広告費用などの認知活動に使います。


そして、集客で得た売上で良い材料を購入するのです。


順番が逆なのです。


ほとんどの人が、最初から良いものを揃えて失敗します。


つまり、自宅サロンとして開業する場合は、最低限必要なネイル用品とネイルデスクで、5万円〜10万円の資金のみで開業することもできます。


では、どうすればこれらの状況を回避し、失敗することなく開業して、安定した売上を作ることができるのか?


まとめると、次の3つのポイントです。


①新規集客ができる状態を作っておく
②リピーターを集めておく
③赤字が6ヶ月間続いても耐えられる準備資金を用意しておく


とは言っても「具体的にどんな手順で開業準備を進めればいいんでしょうか…?」


と思う人も少なくありません。


手順は、次の通りです。


ネイルサロン開業の5つの手順


ネイルサロン開業の5つの手順!失敗するリスクを抑える方法と準備資金

【手順①】開業前に新規集客を開始する


まず、開業前からあなたの地域で集客できるかどうかをテストしてください。

プレオープンという理由として10%〜30%割引で募集をしてもいいかもしれません。


あるいは「モニター募集」「モデル募集」として開始するのも良いと思います。

なぜ、割引をしてテストする必要があるのか?

割引して集客できないなら、オープン後の本価格で集客できるわけがないからです。


具体的な集客方法として、ホームページを準備してからGoogle広告やYahoo広告を打ち出すのがおすすめです。


なぜなら質の高いお客様が来店しやすくなるからです。


もしホームページ制作の資金や広告資金がないなら、インスタグラム集客がおすすめです。


ネイル業界において最も効果の高いSNSだからです。


【手順②】開業前にリピーターを溜めておく


実際にテストを開始し、新規集客ができたら、次に重要なのが「固定客化(リピーター)」を集めることです。


リピーターがいればいるほど、売上が安定した状態が続くので、開業後の経営困難を克服することが可能です。


ほとんどの場合、予期しない集客不足で廃業するからです。リピーターがいれば落ち着いて経営改善を図ることができます。


具体的には、『次回予約のお声掛け』を必ずし『ポイントカード』などを使ってリピーター様になって頂くよう行動しましょう。


【手順③】ホームページ制作をする


もしあなたが「客単価の高いお客様」「理想のお客様」「質の高いお客様」を集客したいなら、1番の組み合わせが『ホームページ制作』をして『Google広告』に出すことです。


なぜならクーポンサイトなどは、初回の来店率は高くても、リピーター様にはなり難いからです。


つまり、集客はできるけど利益が出ない、という罠にかかります。もちろん、地域によっても変わります。


しかし、どちらにしてもホームページと広告の組み合わせに勝るものはありません。


【手順④】リスクなく安全に開業する


新規集客のテストが終わり、リピーター様が集まったら、あとはあなたの好きなタイミングで本オープンするだけです。


そうすれば、リスクなく安全に開業することができます。失敗する必要はありません。


【手順⑤】売上に伴い質の良いネイル用品を揃える


「良いジェルを買いたい」「良いネイルデスクがほしい」「新しいセミナーに行きたい」という欲求はここで満たしましょう。


どんなに良い製品と技術があっても、集客によって利益が出なければ意味がないからです。


つまり、まとめると、、、


①新規集客ができる状態を作っておく

②リピーターを集めておく

③赤字が6ヶ月間続いても耐えられる準備資金を用意しておく


ということです。

その上で、次の手順で進めます。


①開業前に新規集客を開始する
②開業前にリピーターを溜めておく
③ホームページ制作をする
④リスクなく安全に開業する
⑤売上に伴い質の良いネイル用品を揃える


これが、失敗することなく安全に開業する手順です。


ぜひ、これらに気を付けて開業準備を進めて行きましょう♪


応援しています!

この記事の関連記事

  多くの人がやってしまっているブログや広告の間違ったこの間違いをあなたもしていませんか?       その間違いとは・・・       専門用語や略語を使ってしまっているということです。。       分かりやすく言えば

  こんにちは。 ネイルサロン集客対策室の益子です。     うちは、ホームページ制作業者ですが・・・ホームページ制作をおすすめしないときもあります。     それは、お客様にホームページが不要だと判断したときです。    

  こんにちは。       ネイルサロン対策室の益子です。     自宅の書斎より、、、     もし、あなたのビジネスが20代30代40代の女性をターゲットとしているならば朗報です。       20~40代の女性


ネイルサロンインスタグラムSNS無料集客術