▼ MENU

ネイルサロン経営

投稿日: 2020年4月26日 

ネイルサロン経営で必要な資格はコレ!得られる年収はいくら?


今回は、ネイルサロンを経営する上で必要な資格についてお話をしていきます。

 

・自宅サロンを経営する場合って資格は必要なのかな…

・独学セルフネイラーでもサロン経営はできるのかな…

・やっぱりネイル検定1級くらいはないとダメだよね…


と思っている方にはお役に立てると思います。


実は、結論から言うと、ネイルサロンを経営する上で、資格は全く必要ありません!!


と、大きな声で言うと、多くのネイリストさんが驚くのですが、これは本当です。


冗談で言っているのではありません。


なぜか?


それは、サロン勤務経験も一切なく、資格もないにも関わらず、インスタグラムで毎月10人〜12人集客しているネイリストさんもいるからです。


しかも、驚いたことに、ワンカラー9000円で募集をしているということです(笑)


もちろん、お客様には喜んでいただいていますし、リピーターにも繋がっています。


むしろ紹介もしていただいているくらいです。


なぜ、資格もないのに自宅サロン経営ができるのか?


ネイルサロン経営で必要な資格はコレ!得られる年収はいくら?


理由は簡単です。


ネイルサロンは、国家資格ではないからです。


美容室や接骨院を運営するには国家資格が必要ですが、ネイルサロンや整体院というのは、実は、開業しようと思えば誰でも気軽に開業できるんです。


つまり、こういうことです。


「自分が許せるかどうか」


もちろん、だからと言って、勉強や技術が必要ない、と言っている訳ではありません。技術は必要です。


でも!!


多くの人が思っている程、上手くないとダメ、という訳でもありません。


先ほどのワンカラー9000円で開業した女性も、実はネイルの勉強をして6ヶ月しか経っていません。


それなりの練習はしましたが、自信があった、という訳でもないんです。


じゃあ、どうしたのか?というと、お客様に「それはまだできないんですよね」「練習して起きますね!」と正直にコミュニケーションを取りながら、「できることはできる」「できないことはできない」と見栄を張らずに開業したので上手くいってるんです。


実は、ワンカラーやグラデーションのメニューだけでも求めるお客さんはたくさんいるので開業できます。


資格どころか、全てのメニューが揃っている必要も、綺麗なネイルデスクや椅子がある必要も、接客経験が必要な訳でもありません。


今ある材料から、気軽に募集して始めることができるのが自宅サロンなのです。


衝撃の事実!資格はネイルサロン経営に必要ない!


もちろん、「あった方が安心」というネイリストさんは取得しても良いと思います。


どちらにしても、民間資格だってビジネスです。


資格を提供するために、技術を教えて稼いでいるビジネスです(笑)


必要なのは、あなた自身の許可です。


資格がなくてもあなたを求めるお客様は多くいる!


ネイルサロン経営で必要な資格はコレ!得られる年収はいくら?


ここで、重要な事実あります。


それは、資格がなくても、技術の経験がなくても、初心者ネイリストに「ネイルしてほしい」というお客様はたくさんいるということです。


なぜ、資格がなくてもネイルをしてほしいのか?


理由は簡単です。


彼女らは、普通のネイルサロンに行くことについて抵抗がある(恥ずかしい)からです。


「ネイルサロンは若い子がいくところなんじゃ…」

「オシャレな人がいたら恥ずかしい思いをするかもしれない…」

「私が行ったらアウェイ感が出るんじゃないか…」


と思っていて、ネイルに興味はあるけど、勇気がなくてできない人がたくさんいます。


つまり、このようなお客様を救うのがあなたなのです。


実際、ネイルスクールにも通っていない独学セルフネイル歴6ヶ月の主婦が、インスタグラムで「ネイル練習中なのでモデル募集中です!」という写真を投稿したら、なんと1ヶ月で21人の集客ができたこともありました。


凄いのは、その主婦は岩手県の山奥にある自宅で、駅も遠く、車で数十分しないといけないような場所でも集客ができたということです。


つまり、どんなに田舎でも、ネイルしたい女性は多くいる、ということです。


そして重要なことは、独学セルフネイラーでも、資格がなくても、サロン経験がなくても、あなたを求めている人はいる、ということです。


最初は1000円〜3000円でモデル&モニター募集から始めたとして、徐々に値上げをしていけば、月収50万円はすぐに到達できます。


つまり、年収600万円です。


だとしたら、勤務するより良いと思いませんか?笑


勤務ネイリストは年収300万円あれば良い方ですからね。


資格がなくても年収600万円のネイリスト


ネイルサロン経営で必要な資格はコレ!得られる年収はいくら?



でも、ここまで来ると、「念のため、ネイル検定の資格取っておいたほうが安心できるから取ろうと思います」と言って、取ることがほとんどです。


つまり、順番はどちらでも良いということ。


ぜひ、参考になれば、あなたもまずはモデル募集&モニター募集から始めてみてください。


インスタグラムで募集をすれば、簡単に集客ができますよ^^



〜追伸〜



無料WEBセミナーのご案内です(^^)/


「資格なしでどうやってモデル募集をすればいいんだろう…」

「インスタでどうやって募集すればいいんだろう…」


と思っている方に、、、


Instagram×LINE公式アカウント集客術


のセミナー動画をLINE登録者全員に無料プレゼント中です(^^)


マーケティングの基礎知識についても触れています。


一部の内容をお伝えすると、、、


ネイルサロン経営で必要な資格はコレ!得られる年収はいくら?


●アナログ派ネイリストが完全無料にて8日で16人の集客をしたインスタ活用術とは?


●山奥の自宅ネイルサロンでも1ヶ月で21人の新規集客に成功したインスタ写真投稿の秘密


●リピート90%を出したLINE公式アカウント活用術とは?


●なぜ、アメブロを大量更新しても意味がないのか?SNS業界の罠


●3年以内に8割のネイリストが廃業する統計データ


●アナログ派を卒業する具体的な3つのSNS活用術(ダウンロード方法から設定方法まで)


などです。


興味のある方は、LINE登録してご覧ください♪


↓↓↓

 

>>詳細はこちら

 

 

この記事の関連記事

もしあなたが ・開業する時どのくらいの準備資金がいるんだろう…・失敗することなく独立開業するにはどう進めればいいんだろう…・自宅サロンでも開業できる具体的な手順が知りたい… と思っているなら、このページはあなたのためのものです。 今回は、自宅

  こんにちは。       ネイルサロン対策室の益子です。     自宅の書斎より、、、     もし、あなたのビジネスが20代30代40代の女性をターゲットとしているならば朗報です。       20~40代の女性

こんにちは。   ネイルサロン集客対策室の益子です。      「知育」って知っていますか?   私の子供も10か月になり、そろそろ絵本を呼んだりしてあげたほうがいいのかなと思っています。   絵本を読んであげれば、本を読むように


ネイルサロンインスタグラムSNS無料集客術